冷え性の症状には、どんなものがある?

冷え性の症状には、どんなものがある?

冷え症と一言で言ってもいくつかのタイプがあり症状も違ったものとなってくれば改善方法にも違いがあります。

冷え症にもタイプがあり、症状も違う


gtgtgtgt

冷え性に悩む人は女性を中心にとても多くなっていますが一言で冷え症といっても人それぞれでタイプには違いがあり、タイプによって改善の方法にも違いが出てきます。

まずは自分がどんなタイプの冷え性であるのかを理解することでどんな改善が必要となってくるのかもわかりやすくなります。

中には自分では冷え症とは感じていないような場合もありますが、冷え症の場合には寒いというだけでなく体に不調を起こしてしまう原因となってしまいますから気をつけましょう。

また改善するためにきちんと生活改善など行なうようにすることがとても大事なことになってきます。

冷え症のタイプはどのようなものがあるの?

まずは、冷え症にはどのようなタイプがあるのかですが、大きくわけると皮膚温度上昇タイプと呼ばれるものと皮膚温度低下タイプとがあります。

さらに細かく分類すると皮膚温度上昇タイプは、次世代型冷え症とかくれ冷え症に分けることができ、皮膚温度低下タイプは、抹消欠陥収縮型冷え性症、内臓温度低下型冷え症、甲状腺温度低下型冷え症、循環不良型冷え症、セルライト型冷え症といったようにわけることができます。

タイプによって原因も違って物となってきますから、当然ですが改善するための方法も違ったものとなってきますから、自分がどのようなタイプの冷え症であるのかを理解することが冷え症を改善する早道にもつながります。

タイプによって冷え症の症状にも違いが出てきています。どのような症状なのかでタイプをある程度判断することもできますから冷え症と感じる症状をしっかり確認するようにしましょう。

冷え症ではどのような症状が出てくるの?

冷え症は人によっても出る症状に違いがありますし、自分ではそれが冷え症によるものとはおもっていなかったようなものが冷え症の症状となっていることもありますから自分の体の症状をきちんと確認しましょう。

まず冷え症といって思い当たるのが手足の冷えでしょう、手足の指先が冷たく夜寝るときに必ず靴下を履いて寝るといった人も少なくありません。

これは冷え症でも代表的な症状となってきますが、それだけでなく肌が荒れたり、頭痛なども冷え症の症状となっていることもあります。

また女性の場合には、生理不順なども冷え症の症状であるということもありますし、他にも腹痛であったり不眠、体のだるさなども冷え症からきているということもあります。

中でも冷え症ということでよく感じる症状が手足の冷えですがこれはどういったことが原因となっているのでしょうか。

popp

冷え症の症状から原因を考える!

冷え症ということで多い症状というと手足の冷えではないでしょうか、特に秋から春にかけて手足の冷えがひどくなり寝つきがわるかったりということがありますが、これは、抹消神経が必要以上に収縮してしまうことが原因となります。

手足の指先にはとても細い血管が通っているのですが寒くなってくることで体は体の重要な部分に暖かい血液を集める働きがあるために手足などの細い血管には暖かい血液が流れにくくなり、手足の冷えが症状として現れるということになります。

また、関節が硬くなってしまっているという場合にも血液の流れが悪くなり手足の冷えにつながってきます。

つまり手足の冷えということであれば手足にしっかりと血液が流れるようにしてあげればよいということになります。

特に手足賀冷えるといった症状があるような場合には、血管の柔軟性が低下しているともいえますから秋になり寒さを感じるようになると敏感に反応してしまい冷え症で悩むということになります。

寒さを感じるようになる前に改善を行なうようにしたほうがよいでしょう。

冷え症とわからない症状がある!

冷え症と一言で言ってもその症状は千差万別で違ったものとなってきますが、中には自分が冷え症であるとわからないような冷え症もあります。

かくれ冷え症などと呼ばれていますが、冷え症とはまったく逆に手足にほてりを感じるということがあります。

夜なども手足が冷えて寝ることができないというのと逆に足がほってってなかなか寝ることができないという症状もあるのです。

実際に手足の温度などを測ってみると平均的な温度よりも高くなっておりほてりを感じるのも無理のないことなのですが、このような状態でも二通りの症状があります。

gtdddsds

かくれ冷え症の正体とは

手足のほてりを感じて困っているという人の場合でも冷え症が原因となっていることがあるのですがこのときほてりを感じる手足の温度を測ると平気如利も高いということがあります。

ただし同じように手足の温度が高くても全身に寒さを感じてしまうということがあり、この場合ひどい人ではまるで氷の中に浸かっているような寒さを感じてしまうといったことがあります。

この場合には次世代型冷え症などと呼ばれる冷え症となり、自律神経が軽い麻痺を起こしていると考えられ、血管が拡張して体温を下げようと働くために寒さを感じることになります。

このような場合には、寒さでどうすることもできないという反面、肌は暖かい状態になっており、暖めようとしてもさらに寒さを感じてしまうことにもなりかねませんから、肌を冷やして上げることで血管の拡張が治まり寒さを感じなくなります。

症状とはまったく逆の対応を行なうことになりますからこの辺はきちんと冷え症の症状を確認しておかないといつまでも冷え症に悩んでしまうことになります。

 

様々な症状!
カテゴリ
最新の投稿